スペシャルトーク

Special Talk
先輩 × 後輩 ガチンコ対談

人材を“人財”と考える小松物産には、個人の知識やスキル向上のための研修制度があります。その一方で、社会人としてのあり方をはじめ、先輩社員が後輩社員をさまざまな場面でサポートし、お客さまと築き上げてきた信頼関係のバトンをつないでいくような、形には表れない企業風土も存在しています。ひとたび仕事となると、上司や先輩後輩などの社歴に関わらず、ともに同じ目的に向かって意見を交わしチームワークを発揮していく風通しのよい環境と社風。そんなリアルな様子を、大阪支店の二人の対談でお送りします。

2年目で変わるさまざまな視野。

先輩:上野 太田くんは営業担当となって2年目に入ったけど、いまはどんな感じ?もう慣れたかな?

後輩:太田 商品知識も少しずつ増え、また営業活動に対する事前の準備からお客さまとの商談、そしてご注文いただいた商品の納入まで、ひと通りの段取りをようやく把握した、そんなところです。もちろん、まだまだ覚えなければならないことはたくさんあります。

先輩:上野 営業としての“動き方”が身についてきたところだね。順調だと思うよ。僕も入社1年目は福岡支店配属だったので、慣れ親しんだ地元の大阪を離れて違う都市で生活する不安もあり、正直なところ何をしているのかまったくわからなかった。2年目でようやく小松物産の一員としての仕事が始まった感じだった。

後輩:太田 上野先輩は常にクールで落ち着いているイメージしかないので、意外でちょっと想像できないですね。営業2年目に大きく変わったのはどんなところでしたか?

先輩:上野 1年目は商品やお客さまを覚えるだけで精一杯だったけど、2年目になると次第に視野も広がって、商品以上にお客さまと自分との人間関係づくりを考えるようになったかな。そこが大きな違いだと思う。お客さまから「上野くん」と名前で呼ばれ始めるのも2年目くらいからだね。

後輩:太田 わかります。当社の担当者が引き継ぎをするということは、お客さまにとっても不安な一方、新鮮なことだと思います。当初は“前任者と比較されている”と感じる場面が多かったですが、何度か訪問するうちに“それ以上に期待されていること”が無言でも伝わってきました。

先輩:上野 お取引先の社長と直接やりとりすることも増えるから「小松物産の新しい担当者」として、単に商品を供給するだけでなく、業界の最新動向など、商社だから知り得る有益な情報をお届けすることにも、その期待があることを実感できる場面も増えるしね。

後輩:太田 私の場合まだ知識も経験も浅いので、わからないことはわからないと、ウソをつかないこと、そしてその中でも自分らしいカラーを出すことをテーマにしています。おつきあいの長いお取引先からは“育てていただいている”ことも感じますしね。ところで上野先輩は、どうして小松物産に入社したんですか?

理想の仕事、理想の職場。

先輩:上野 物心ついた頃から「将来はキレイな家に住みたい」と漠然と思っていたんだけど、やがて興味が家具や設備に広がって、住まいに関するいろいろなものを扱う会社で仕事ができたらと考えるようになった。だから、あらゆるメーカーの設備や資材が揃う商社の小松物産は、まさに理想の仕事であり、理想の職場に映ったことが大きかった。

後輩:太田 実は私もそうなんです。学生時代に、ライフプランを設計するフィナンシャルプランナーの資格取得を目指した流れで、人生や暮らしの拠点となる「家づくり」に興味を持ったのがきっかけでした。

先輩:上野 お互いに理想の仕事に就いているとは奇遇だね。いまは二人とも住宅設備を担当する住設管材課に所属しているけど、小松物産にはインフラ整備に欠かせない商品を扱う土木管材のセクションもあるから、社会的使命を果たす頼もしさも感じたのが入社の決め手になったね。

後輩:太田 それに、採用担当者の丁寧な応対を通して感じた“働きやすそうだ”という直感も大きかったです。もちろん社会人としての上下関係マナーはありますが、入社して実感したのは、社歴に関係なく仕事上の意見を自由に言い合えること、そして“ここまで任せてくれるのか”という個人を尊重する方針です。

先輩:上野 まさにそうだね。任される以上は責任が伴うけど、別に突き放すわけではなく、上司や先輩などが常にさり気なくフォローしてくれる環境がある。家族というより同じ目的に向かうチームという表現の雰囲気が、小松物産の魅力のひとつだと思うよ。

お互いのこれからにエール。

後輩:太田 自分の場合、営業担当2年目なので、引き続き営業としての総合力を上げることがテーマですが、上野さんの場合はどうですか?

先輩:上野 主任になり、営業というプレーヤーの部分と、後輩を育てるマネジメント部分の両方が求められるので、どちらにも最善を尽くしていくことがテーマだね。簡単にいえば「後輩たちのお手本の存在になること」だけど、そう易しいことではないので、視野をさらに広げてさまざまな事柄から柔軟に学び、自分らしく成長することを意識しているよ。そういう意味では、こうして太田くんとじっくり話せたことはとてもいい経験になった。ありがとう。

後輩:太田 恐縮です。上野さんはじめ周りの先輩方にいろいろと教えていただきながら、いつか上野さんを追い越すことが恩返しだと思って、これからも一生懸命頑張ります!

小松物産マン“休日あるある”。

リラックスしていた時など、ふとテレビから取引先メーカーの商品CMが流れてくると見入ってしまい、やがて仕事のことを考え始めてしまう。(先輩:上野)

ホームセンターに買物に行った時、馴染みのあるメーカーの商品の売価が気になって、別のホームセンターに行き、売価の比較をしてしまう。(後輩:太田)

Voice 一覧に戻る